EY-Office ブログ

EY-Officeの吉田裕美が、まだ Ruby on RailsやiPhone開発を行ってない技術者や技術系マネージャー向けに、技術や教育に付いて書いています。

2013-03-19 iPhoneアプリ開発を始めたけど、上手く行ってない方へ

現在Webサービスを作ったり、運用している場合、iPhoneをはじめとするスマフォへの対応は必須だと思います。サービスによってはスマフォがメインのものもあると思います。
そこでiPhoneアプリの開発を社内のWebエンジニアが始めたけれど、Webアプリとの違いから開発が難航しているという会社もあるかと思います。

写真は FreeDigitalPhotos.net から
写真は ”FreeDigitalPhotos.net" から

iPhoneアプリ開発の難しいところ

iPhoneアプリの開発者に必要なスキルは、以前書いた iPhone開発者に成るために必要なスキルとは? を一読してほしいと思います。

この中でふれているように、現在の Webアプリ開発者は JavaやRuby,PHPなどの言語は書いてきたけど C言語を知らないという開発者が多いように思います。iPhoneアプリの開発言語 Objective-C は C言語に Smalltalk由来のオブジェクト指向を乗せた言語で、そのベースは C言語 です。

C言語は JavaやRubyなどとは違いプログラミングの容易さや安全性よりは、コンピュータを効率的に使うために作られた言語です。したがってポインターを始めとするコンピュータがどのように動作しているのかを理解する必要があります。そういう意味で JavaプログラマーがRubyを習得するのより難しいと思います。

また、Ajax(JavaScript)を多用したWebアプリを除く通常のWebアプリと、 iPhoneアプリのようなGUIアプリは動作モデルがかなり違います。その部分に戸惑うこともあると思います。

EY-Officeの教育は、そんなあなたに最適かもしれません

EY-Officeでは、iPhoneアプリの開発・教育だけでなく、Ruby on RailsをはじめとするWebアプリの開発と教育も行っています。たくさんのWebアプリ開発者へ教育も行っていますので、Webアプリ開発者が iPhoneアプリを開発する際につまづきやすい点も良く分かっています。

EY-Officeなら、iPhone開発とWebアプリ開発の溝を埋める教育を提供できます。開発につまずいて貴重な時間を浪費する前に是非EY-Officeにご相談下さい。