EY-Office ブログ

EY-Officeの吉田裕美が、まだ Ruby on RailsやiPhone開発を行ってない技術者や技術系マネージャー向けに、技術や教育に付いて書いています。

2011-01-24 ホームページをRuby on Rails製CMS "Radiant" で制作するようにしました

今まで、EY-OfficeのホームページはHTMLを直接書いていまいたが、コンテンツ強化のためにCMSを使おうと思い立ち調査したところ Radiant が良さそうだったので導入してみました。

Radiantの特徴は:

  • Ruby on Rails 製で拡張が容易
  • 開発プロジェクトのGitHub を見ると開発活動が活発で、 Rails3対応も進んでいる。
  • しかも、RSpecやCucumberでテストを書いている
  • ドキュメントも充実している(英語ですが)
  • 拡張機能(プラグイン)も充実している
  • Radiant にはページのレイアウトや共通部分(snippet)の共有機能があり、簡単にページ内の共通部分を変更できる
  • ホームページを記述する言語としてHTML以外に、Redmineでおなじみの Textle記法やいくつかの簡易マークアップ言語をサポートしている
  • Radiantの拡張機能に静的ページ作成機能があるので、これを使いRadiantはVPSの開発用サーバーで動かし、静的コンテンツを共有ホスティングサービースを利用しているホームページサーバーにコピーすることでホームページは現在と同じサーバーで動かせる。

ただし、いくつかの専用の機能が必要になり自前で作りました。やはりRuby on Railsで出来ているので拡張機能の作り方もRailsプログラマーなら直ぐに解る作りで、拡張機能の作成も容易でした。
その面でも Radiant は良いCMSであると実感しました。

Radiantのインストールや拡張に付いての詳細は、 吉田裕美のブログ に書いていきます。