EY-Office ブログ

EY-Officeの吉田裕美が、まだ Ruby on RailsやiPhone開発を行ってない技術者や技術系マネージャー向けに、技術や教育に付いて書いています。

2015-01-19 スタートアップ企業経営者の皆さま、プログラマーを社内で育てましょう

スタートアップ企業経営者の皆さま、Ruby on RailsやiOSのプログラマーたりていますか? 優秀なプログラマーは採用出来ていますか、採用したプログラマーは成長していますか?

スタートアップとして自分たちビジョンを実現した最初のサービスや製品を起業メンバーだけで苦労しリリースに成功し、ベンチャーキャピタル等からの資金確保も成功した皆さま。これからの発展を目指しプログラマーを増やして行くフェーズに入っても優秀なプログラマーの確保に苦労されている方が多いと思います (私も過去にベンチャー企業で働いていたので苦労しました)。

ここ数年、プログラマーの流動化が高まっていると思います、経験を積んだ優秀なプログラマーを採用できるチャンスも増えています。しかし、実績のあるRuby on RailsやiOSのプログラマーを採用するのはかなり難しいと思います。

そこで、EY-Officeからの提案です プログラマーを社内で育てましょう!   まだ実績が乏しいプログラマーやプログラマー候補の技術者にも士気が高い人がたくさんいます。

EY-Officeは 株式会社ドリコム を始めいくつかのベンチャー企業で新人教育を担当しましたが、適切な教育・指導を与えることにより大きく成長する人を何人も目にしています。またすぐには成果を出せない人でも、開発メンバーとしてチームの中で働いていけるレベルに達し、成長して行く方もいます。

しかし、「当社には教育を行えるメンバーがいないよ」、「新人教育の為にプログラマーに現在の開発を止めることなんて出来ないよ」とおっしゃる経営者の方もいると思います。

そんな時は、EY-Officeにお任せ下さい。以前 社内教育 vs 外部の教育サービス という記事に書きましたがプロの教育サービスには

  • 講義が上手い
  • 成績の低い受講者のフォローが上手い
  • 受講者の評価力が高い
  • テキスト・資料を作るのが上手い
  • 知識の幅が広い

のような強みがあります。もちろん御社のサービスやビジネス固有の知識やノウハウを教える事は御社のプログラマーでないと出来ませんが、 Ruby on Railsの原理や開発方法は我々の方が上手く教える事ができます。基本的な事は教育サービスにまかせ、その後で御社のアプリやノウハウに付いて社内のプログラマーが教えるのが、新人プログラマーの育成にはベストだと考えています。

教育サービスにはそれなりのコストはかかりますが、御社のプログラマーの時間が基本的な教育のために失われる事に比べれば少ない金額だと思います。 是非 EY-Officeの Ruby on Rails教育コースiOS教育 のページをご覧になり検討下さい。
また、ここに書かれている標準の教育だけでなく、御社の状況あわせたカスタマイズもいろいろと行えますので、ご気軽に お問い合わせ 下さい。

優秀なプログラマーの確保は、人材紹介会社だけではなく、EY-Officeのような教育サービスもご活用下さい。