EY-Office ブログ

EY-Officeの吉田裕美が、まだ Ruby on RailsやiPhone開発を行ってない技術者や技術系マネージャー向けに、技術や教育に付いて書いています。

2012-05-06 EY-Officeの教育テキスト

テキストは教育では非常に重要なものです、当然ですがEY-Officeではオリジナルのテキストを作成して使っています。

Ruby on Rails教育のテキスト

弊社の力を入れている Ruby on Rails, iPhone 共に 頻繁にバージョンアップします。
両者ともに1〜2年に一度メジャーアップデートします、その間にも数度のマイナーアップデートします。マイナーと言っても便利な機能の追加、重要な変更があることも良くあります。

これからRuby on RailsやiPhoneの開発を行う方に古いバージョンで教える事は出来ません、そのためにも講習の前には最新版に対応するためにテキストの変更を行います。場合によってはかなり大きな変更になることもあります。
また、受講者の方が判りにくかった部分や、間違いの修正も必要になります。

弊社ではテキストを一括で印刷するのではなく、講習毎にテキストを変更・印刷・製本しています。印刷はカラーレーザープリンターで高速に印刷できますし、製本も業者にたのむことで半日程度で出来ます。
一番時間がかかるのはテキストの変更です。

そこで、速やかにテキストが変更できるように、弊社では独自の簡易出版ソフトを開発しました。このソフトは Wiki で手軽に原稿を作り、そこから簡単にPDFを作成できます。Wikiは Wiliki という Gauche (川合史朗さんが開発されたScheme)で書かれたWikiクーロンに 私がテキスト作成に必要ないくつかの機能を追加したものです。 またPDFの作成は wkhtmltopdf というHTMLからPDFを作成できるオープンソースのソフトを使っています。

この独自の簡易出版ソフト GaucheMinDTP はGitHubで公開していますので、興味のある方はダウンロードしてみて下さい。